知らなかった!婚約指輪っていつ送るの?

似て非なるもの、婚約指輪と結婚指輪

一般的な感覚の女性であれば、婚約において一方的に装飾品を相手にねだるといった行為はしないと思われます。それは夫婦となる男女の絆は金銭で象徴されるものではなく、あくまで『愛』によるものだと信じられているからです。こうした観念に基づいている場合、特に男性は婚約から結婚までの常識的なフローを正しく把握しておく必要があります。そうでなければ、実際結婚するに当たってやっておかなければならないことをせずに、初段から夫婦関係に支障をきたす可能性が出てきてしまいます。
結婚までの流れを把握していない男性によって等閑視されがちなのが、婚約指輪の存在です。装飾品に無頓着な男性ほど「婚約指輪は結婚式の時に交換する指輪だ」と思い込み、結果結婚に期待を膨らませる女性の気持ちを裏切ってしまうことがあります。

婚約指輪はプロポーズ受容の感謝の気持ちとして贈られる物

そもそも婚約指輪と結婚指輪は全く違うということを認知していない男性は、意外に多いと言えます。そのような男性は、それぞれに込められた指輪の意味を理解していないので、その違いを認識できていないのです。
結婚指輪とは「これから夫婦として生きていく」という誓いを視覚的に表したものであるため、ペアリングを相互に贈りあうのです。
これに対して、婚約指輪とは「女性が男性のプロポーズを受け入れてくれたことに対して表す感謝の気持ち」を体現したものなのです。従って婚約指輪とはその名の通り、女性が男性のプロポーズを受け入れてくれた瞬間かその前後に渡すのが定番とされているのです。そのシチュエーション、実際に渡すタイミングは女性の性格や二人の間柄などで斟酌する必要がありますが、婚約指輪を贈ることは婚約におけるまず最初にして最重要なステップであることを認識しておきましょう。

結婚指輪を立川で購入することを考えているならば、貴金属を取り扱っているショップがたくさんありますので、選択肢が豊富です。